チャレンジタッチ 口コミ

チャレンジタッチ 口コミ|おすすめポイント

チャレンジタッチ 口コミ

  • 1日15分!ひとりでも理解できる
  • 赤ペン先生がオンラインで学習サポート
  • 新学習指導要領に対応

チャレンジタッチは、ベネッセコーポレーションが提供する進研ゼミ 小学講座のタブレット教材です。

進研ゼミは、赤ペン先生による添削がある通信教育システムで人気のある教材で認知度は最も高いです。

チャレンジタッチ は、紙のテキスト「チャレンジ」代わりの専用タブレットを使った生姜講座の学習方式で2014年にスタートしており、タブレット学習教材の利用者数はNO.1※です。

※マクロミルによる2019年4月に小学生が利用した学校・参考書・問題集以外の学習法において、タブレットを中心とした学習の利用率を調査。

チャレンジタッチは2020年にリニューアルしており「自分で考える力」を伸ばす教材となっています。

進研ゼミ 小学講座では、「わかる」「解ける」を体験できる無料体験教材と資料をお届けてしています。

資料内容

  • 学年に合わせた「体験見本」
  • 公式パンフレット

進研ゼミ・チャレンジタッチをお申し込みする前に教材を確認しておきましょう。

 

関連ページ:タブレット学習 小学生 ランキング

チャレンジタッチのおすすめポイント1:1日15分!ひとりでも理解できる教材

チャレンジタッチは、1日15分 ひとりでも理解できる教材です。

小学校の教科書に合わせたレッスンでわかりやすい映像授業があるからです。

チャレンジタッチは1回5〜7分程度で1日2回が目安となっています。

例えば、理科では実験動画を見て答えを選ぶので学校で行うような実験を擬似体験ができます。

チャレンジタッチでは、1問ずつ自動採点し、その場で解説があるので子ども一人でも勉強を進めることができます。

これまでのチャレンジタッチでは、答えを選んで採点する形が大部分でしたが、2020年度の新しい学習指導要領の「思考力・判断力・表現力」を求められることからリニューアルしました。

リニューアル後のチャレンジタッチでは、自分で考える力を育てる教育が追加されました。

教材のポイント

2020年のリニューアルで追加された7つの「考える」操作

  • 比べる
  • 仲間に分ける
  • 絞り込む
  • 整理する
  • つなげて考える
  • いろいろな見方をする
  • 図で考える

考え方が複数あるときに答えは一つでなく、答えに行き着くまでの過程を大切にしています。
チャレンジタッチ では、柔軟な考え方を理解できるように設計されており、短時間で子どもの勉強をサポートしてくれます。

チャレンジタッチのおすすめポイント2:赤ペン先生がオンラインで学習サポート

チャレンジタッチは、赤ペン先生が毎月オンラインで学習をサポートしてくれます。

進研ゼミ 小学講座では、一人ひとりの考え方や表現に向き合い、継続的に子どもの学習意欲を高める存在として担任生の赤ペン先生が記述問題を個別指導してくれるからです。

進研ゼミでは、毎月の添削課題があり郵送し、赤ペン先生が添削し返却していました。

一方、チャレンジタッチでは、チャレンジパッド内で課題を提出、最短翌日〜約3日を目安に返却できるようになりました。

以前は、2019年度までは年3回までとなっていましたが、2020年4月号からは毎月提出できるようにリニューアルしています。

※小学3年生以上
※8・12・3月号は各学期の振り返りの「実力診断テスト」を提供

進研ゼミでは、近年、見直しによる学力の定着を図ることが重要視されていることから、チャレンジタッチの添削課題は、スピードを重視しており、子どもが問題を忘れないうち、意欲のあるうちに返却されます。

進研ゼミの赤ペン先生は、ずっと同じ先生が担任し、毎月の課題を指導してくれます。

赤ペン先生は「進研ゼミ」の選考に合格し、ゼミ独自の研修・教育を通じて、教科の学習内容やお子さまの力を伸ばす指導法などを学んだ先生です。

チャレンジタッチ内でも、手書きの指導とコミュニケーションで子どもやる気を引き出し継続的な学習をサポートしてくれます。

チャレンジタッチのおすすめポイント3:新学習指導要領に対応

チャレンジタッチは、新学習指導要領に対応しています。

新たに加わった英語、プログラミング学習などは小学校の教育と同じテーマで展開しているからです。

他社会社だと、小学生向けの英語教育が用意されておらず、中学生の授業を先取りして行うものも多くあります。

しかし、チャレンジタッチの英語教育は初めて〜中学レベルまで。プログラミング教育は小学校の授業のテーマと一緒の物と小学生向けに設計された教材を提供しています。

小学校の英語は、「聞く」「話す」を中心に英語の発音や表現に慣れ親しむ授業内容で成績がつくようになりました。

そこで、進研ゼミ チャレンジタッチの英語教材は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能の学習をAIキャラと楽しく学べます。

プログラミング教材は「情報モラル」「情報デザイン」「プログラミング」の3種類でインターネットを使うときの注意点まで学べます。

学校教育と同じテーマだから学校で活躍できる仕組みがチャレンジタッチ にはあるため、おすすめできます。

チャレンジタッチとは?|進研ゼミ 小学講座テキスト教材と比較

チャレンジタッチとは、進研ゼミ 小学講座の学習スタイルの一種です。

紙テキストの「チャレンジ」、タブレット教材の「チャレンジタッチ 」の2種類があります。

進研ゼミ 小学講座による2つの違いは以下のように解説しています。

チャレンジ
(テキスト教材)
しっかり紙に書く学習をするため、自分でじっくり考えながら取り組みたいお子さまにお勧めです。
体験教材が豊富ですので、自ら実体験をすることが好きなお子さまに向いています。
チャレンジタッチ 動画や音も交えたデジタル学習が中心ですので、直感的に学ぶことが好きなお子さまにお勧めです。
考える工程を細分化して説明しますので、覚えることが苦手なお子さまにお勧めします。
デジタルならではの繰り返せるアプリがありますので、アニメやゲームが好きなお子さまに向いています

どちらか一方を選んだとしても後から変更が可能で、追加料金は発生しません。

進研ゼミとしてはチャレンジタッチ をおすすめしています。

それぞれの決定的な違いを解説します。

進研ゼミ小学講座 テキスト教材の魅力は体験型教材

進研ゼミ小学講座 テキスト教材では、紙に書く学習重視の教材です。

タブレットのように自動丸付け機能がないので、自分で解いて丸付けを行うので自分でじっくり考えたい子どもに向いています

テキスト教材でも、漢字・計算を自動判定して反復練習できる特別教材があり、タブレット学習に近い勉強ができます。

英語学習は、チャレンジパッド以外のタブレット教材、PCで受講できるので、テキスト教材でも同じように受けれます。

決定的な違いは、実際に手を動かして学べる体験教材です。

チャレンジ 小学講座の体験型教材

体験キットが届き、説明書通りに行えば理科の実験を自分で出来ます。タブレット学習では映像で済ませてしまう部分なので子ども体験させたい方におすすめの学習スタイルです。

進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチの魅力は親の管理が少ないこと

進研ゼミ チャレンジタッチの魅力は親の管理が少ないことです。

チャレンジタッチはタブレット学習ならではのメリットが多数あります。

  1. 学習アラームで勉強開始時刻を伝えられる
  2. 1日15分の学習/自動採点+W解き直し機能あり
  3. モチベーション対策(努力賞プレゼント/赤ペン先生指導)
  4. 取り組み状況をスマホで確認できる

チャレンジタッチ は、子どもだけで必要な進研ゼミ小学講座1日分の学習量をこなせるように設計されているので、親の関与が最低限でよくなります。

日々の学習状況をスマホで確認できることから、毎日の進捗状況を確認できることがチャレンジにはないメリットとなります。

進研ゼミ 小学講座としてもテキスト教材よりもチャレンジタッチ の方をおすすめしている状況です。

進研ゼミでは学習データアナリストがおり、子どもの学習データ※を分析し効果的な学習法を反映させています。 ※小中高の学習履歴が個人を特定されない状態で記録されています。

学習結果の正誤の分析からつまづきやすい問題、出題の仕方に改善が必要な問題を改善。学習の様子から効果的な学習方法を出す。どのタイプの子が「夏休みに息切れしやすい」といった注意点が見えています。学習状況のから効果的なタイミングに応援メッセージや個別メールを送るなどのサポートを実現しています。

蓄積されたデータに基づいた最新の効果的な学習をするならチャレンジタッチ がおすすめです。

チャレンジタッチ 口コミ・評判のメリット|タブレット教材の効果は?

チャレンジタッチの良い口コミ・評判からタブレット教材の効果を解説します。

良い口コミ・評判のメリット1:自動丸付けがある

保護者の口コミ

宿題以外の勉強をやらない時期がありましたが、チャレンジタッチを使い始めてから楽しくやるようになりました。チャレンジタッチの勉強は自動採点ですぐに答えがわかり、その場でやり直しができるので、ゲーム感覚でやってくれました。
チャレンジタッチは1回10分程度で予習・復讐ができるので学校の授業が楽しいみたいです。また、学習した内容や時間まえメールで届くので勉強やっていることが伝わり安心しました。

チャレンジタッチには、効率よく勉強できるように自動丸付けがあります。まるつけ負担が軽減されているからその場で問題を解く、採点、解き直しまで完了できます。

勉強はやるけど、答え合わせを面倒くさがってやらないというもったいない勉強をする子は多いです。

でも、チャレンジタッチは1日10〜15分の短時間の勉強で、答え合わせまで自動でやってくれます。子どもの負担が少ないため、学習習慣がなく勉強にやる気がない子でもとりあえずやってみるというところからスタートできます。

コツコツ勉強する習慣をつけるなら自動丸付けのあるチャレンジタッチは最適です。

良い口コミ・評判のメリット2:Wとき直しシステムで定着させる

チャレンジタッチは問題の採点、解き直しに加え、忘れたころに繰り返して定着させるW解き直しがあります。

重要問題は忘れたころにもう一度解くことでしっかり定着させるシステムがチャレンジタッチにはあります。
チャレンジタッチ の「Wとき直しシステム」で「わからない」をなくせた方は95.1%です。

これは、チャレンジタッチのデータを分析したことでわかった学習効果です。
以前は「問題を解いて正誤の確認」で終わりでしたが、「間違えた問題の解き直し」までをタブレット学習の仕様変更を行っているのです。

しっかり、勉強した内容を定着させるシステムがチャレンジタッチ にはあります。

良い口コミ・評判のメリット3:学習進捗を毎日把握できる

チャレンジタッチには、学習状況をお知らせする「おうえんネット」という機能があります。

「おうえんネット」のメールが届くと、子どもが勉強をしたことがわかり、内容を見れば、進み具合や理解度もパッと把握できます。

子どもを応援するメッセージを送る機能もあるので外出先でも子どもの勉強を親がカンタンにサポートできます。

小学校高学年になるとなかなか子どもの対応が難しい年頃になります。子どもに「勉強をやったの?」と聞くと子どもも親もイライラしてケンカになることもあります。

チャレンジタッチ では自分から勉強したくなる仕組みがたくさんあるので、楽しく勉強をする子が多いです。

子どもの勉強を習慣化するまでは、親や赤ペン先生など周囲の大人が褒めるのが一番です。

毎日の進捗状況の確認、日々の勉強をカンタンに褒める仕組みがあるのは大きなメリットですね。

良い口コミ・評判のメリット4:英語・プログラミングが無料

チャレンジタッチは受講費内で英語・プログラミングが学べます。

2020年度からの本格的に変わる小学校の英語教育やプログラミング教育に合わせて追加費用なしで学べるように追加されました。

プログラミング教育は小学校と同じテーマでチャレンジタッチを使ってゲーム感覚で勉強できます。

また、英語は小学5・6年生で成績がつき、中学、高校と学び続ける教科なので心配かと思います。

チャレンジタッチ でできるChallenge English で学べることは「聞く」「話す」「読む」「書く」です。

Challenge English では、特に習得が難しい「話す」力を身に着けるために、AIキャラとの会話を通じて単語や表現を話しながら習得できるように設計されています。

AIでは、子どもの発話内容を判別します。

例えば、話すだと以下のような内容が学べます。

チャレンジタッチ の英語は、繰り返し学べる1回5分 約2600レッスンが用意されています。

学校教育に合わせる物ではなく、子どものレベルで勉強内容が変わります。
小学1年生〜中学3年生レベルまであり、子どもにあったレベルで学べます。

Challenge Englishには、発音判定があります。なかなか教えられることではないので自宅で話す英語学習ができることは魅力的ですね!

追加料金ではオンライン英会話講座がある

Challenge English

さらに英語力を高めたい方は、有料オプションの<Challenge English>連動英語レッスンのオンラインスピーキングがあります。

AIキャラとの会話を人を相手に話してみることができます。

講師は外国人で1ヶ月から気軽に始めることができます。

オンラインスピーキングのポイント

  1. 完全個別型レッスン
  2. リラックスして取り組める楽しいレッスン
    (慣れるまで保護者同伴OK)
  3. 中3・英検3級相当レベルまで伸ばせるレッスン

1回あたり990円で、レッスン開始1時間前までなら変更・キャンセル可能です。

チャレンジタッチには、Challenge Englishに連動したオンライン英会話まで対応しているので子どもに英語を習わせたい方におすすめできます。

 

関連ページ:チャレンジタッチ 英語

良い口コミ・評判のメリット5:漢字のとめ・はねがしっかり学べる

保護者の口コミ

書き順・字形の即時判定では、自分の字とお手本の字とを比較できてよかったです。
間違えたところ(とめ・はね)を解説してくれる機能は本当に助かりました。
間違えたところを親が教えようとするとなかなか伝わらないし、機嫌が悪くなるので困っていましたが、チャレンジタッチの解説なら、素直に聞いてくれました。

チャレンジタッチの漢字指導は以下の動画のようにとめ・はねをしっかり指導してくれます。

書き順も自分の書いた漢字で正しい書き方と並行してアニメーションで解説してくれるのでどこで間違っているのかをすぐに理解できます。

タブレットだからの学びが出来るのが良い口コミにつながっています。

良い口コミ・評判のメリット6:実力診断テストでオリジナル問題が追加

チャレンジタッチでは、年3回 各学期末に実力診断テストを実施しています。

学習定着度とテスト結果からニガテ対策の個別復習ドリルをお届けするためだからです。

この実力診断テストは、1学年あたり6万人以上の小学生が受験と民間では全国最大規模です。

35年以上の指導実績から導き出された問題集で効果的にニガテ解消をします。
学期末で行う実力診断テストでニガテを分析し、やるべきことを厳選してニガテ解消に向けたドリルがもらえます。

個別のオリジナル教材で学期末毎にサポートしてもらえるから隠れたニガテも早期発見できます。

また、小学5年生からは高校合格学習アドバイスもあります。現時点の成績ランク別に高校の合格実績がわかります。

子どもも早いタイミングから高校受験から意識できます。

良い口コミ・評判のメリット7:本を借りれるので子どもの意欲が育つ

チャレンジタッチでは、選び抜かれた約1000冊の書籍・約20本の動画が見放題となっています。

進研ゼミ会員の知的好奇心や教養を育むことができるからです。

まなびライブラリーでは、子どもに人気のある本、シリーズ、作家などの読みたい本が見つかるラインナップを取り揃えています。

授業で取り扱っている名作や古典文学が豊富にあり、学校の授業をさらに深められます。

注目したいポイントは、、履歴に合わせてオススメの本を紹介するリコメンド機能です。
読んだ本から次に読みたくなる本を紹介するので1冊をきっかけに本の世界が広がります。

進研ゼミが「まなびライブラリー」を提供する理由は、読書が学力に影響するという結果をデータで得たからです。

https://benesse.jp/kyouiku/201812/20181220-1.html

「読書」というと「国語」をイメージしがちですが、読書量は「国語」の学力変化にほとんど影響を与えていませんでした。しかし、「算数」では、読書量が「多」い子どもは偏差値が「+3.5」である一方で、「無」しの子どもは「-1.3」と、4.8ポイントの差が開いており、学力変化に一定の影響を与えていることがわかりました。また「算数」ほど強くないものの「社会」でも読書量の効果が見られました。

参考https://benesse.jp/kyouiku/201812/20181220-1.html

学力向上に効果があることを突き詰めているから「まなびライブラリー」を提供しているのです。

また、公益社団法人 全国学校図書館協議会によると、全国の小学生(4〜6年生)の1ヶ月間の平均読書冊数は11.3冊です。

文部科学省の報告では「読書をすることが多い子供ほど、コミュニケーションスキルや礼儀・マナースキルが高い傾向にある。」という結果が出ています。

追加費用不要の充実した本を借りれるコンテンツがあることで、子どもの意欲が育つ環境を提供できる点でメリットがありますね。

良い口コミ・評判のメリット8:努力賞で子どものモチベーションに繋がる

チャレンジタッチでは、昔からある努力賞ポイントがあり、欲しいごほうびと交換できます。

子どもの勉強の目標となるきっかけ作りのためです。

欲しいプレゼントがあり、目標に向かって努力して、達成できる。プレゼントを過程は、おのずと学習習慣が身につきます。
目標が明確なので楽しんで子どもが勉強に取り組むようになります。

親が物でつって勉強をやらせるのと明確なポイント数でゴールが設定されているのでは取り組み方が違います。

チャレンジタッチは、自分でプレゼントを選ぶことからスタートできるので子どもの自主性が育つ仕組みがあります。

チャレンジタッチ 口コミ・評判のデメリット|ひどい、最悪?

チャレンジタッチの良い口コミを紹介しましたが、悪い口コミ・評判も上がっています。チャレンジタッチにはデメリットと感じる部分もあるので紹介します。

悪い口コミ・評判のデメリット1:1日の勉強ボリュームが少ない

小学生5年の娘にせがまれてチャレンジタッチがやってきました。少したってからダウンロードしたので、ダウンロードは問題なくできました。本人が1月近くも楽しみにしていただけあって春休みの旅行から戻ってすぐに取り組み始めました。

ところが、あっという間に全てが終わってしまい、後は何もやる内容がありません。理科社会にいたっては1日(10分)で4月分が全て完了、算数国語でも2~3日で全て終了、しかも1回の取り組み時間は1-2分です。(娘の成績は上の方ですが出来る出来ないにかかわらず、単に量が少ない)結果4日間で全てが終了し、あとは次のダウンロードまでなにもする事がないというありさまになってしまいました。あまりの内容の薄さに本当にがっかりです。

参考Yahoo!知恵袋

2014年頃のチャレンジタッチの悪い口コミがYahoo!知恵袋に上がっていました。

この口コミのようにチャレンジタッチの1日の勉強ボリュームは確かに少ないです。

配信日から数日以内に終わらせる子もいました。

この時期はコロナウイルスの影響による休校期間中

メインレッスンは1日あたり10分〜15分程度の学習量で1単元あたり5分〜7分程度にて設計されています。

例えば、チャレンジタッチ低学年(小1・2)のメインレッスンの設計は以下のようになっています。

<メインレッスン>
1か月の学習量:国語、算数の2教科、各14回分
1回あたりの学習時間は約5分 1日2回の約10分をオススメ

専用タブレットにアクセスをするとその日に学習するとよい内容を、キャラクターが教室で待っていておすすめします。
週4回、1日に国語・算数を1回ずつやると、月の半ばにはメインレッスンが終わります。

週4回、国語・算数を1回ずつやるとメインレッスンは月の半ばには終わってしまうんですね。

チャレンジタッチ は子ども一人で集中して取り組める1日2レッスンの10分〜15分と継続しやすさに着目した設計となっています。子どもが楽しく勉強して「できた」を積み重ねられるようになっているのです。

勉強量の少なさという点では、悪い口コミ・評判につながっても仕方がない部分ではありますよね。

しかし、この短さはしっかり設計されたものでした。

ベネッセでは、勉強の完遂率を測定しており、短い時間を繰り返した方が効果的であることがわかったのです。

 もう1つの大きな課題は,学習を始めてから離脱するまでの時間だ。島田氏によると,1つのコンテンツにかかる学習時間が長いほど,子どもの離脱率は高まる傾向にあるという。

最近は「マイクロラーニング」が注目されています。これは例えば,以前だったら30分連続していた企業研修用の教材動画を5分間に区切って,振り返りのクイズをはさみ,また5分間動画を見せて……を繰り返した方が有効だという考え方です。なぜそんなことをする必要があるかというと,現代の人間にはインターネットやスマートフォンの台頭により,短い時間に集中することに慣れているからです。
おそらく「チャレンジタッチ」も,もっと短い区切りで集中させるようなつくりにしないと,今の子どもに対応できなくなっていくのではないでしょうか。ゲーム的な手法を使い,途中に演出を交えながらスモールステップで学習を進めていくような形が今風といえるかもしれません。
意外なところにゲーム人 第3回:ゲームの「人を夢中にさせる仕掛け」やログ解析を,進研ゼミの「チャレンジタッチ」に取り入れた島田竜祐氏
https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20190219016/

短い時間で完了でき、繰り返した方が勉強の効果があるということですね。

それでも、子どものレベルが異なるので勉強量が心配になりますよね。

チャレンジタッチ 2020年時点では、追加受講費用不要で「もっと演習レッスン」「もっと発展レッスン」と目指すレベルによって難易度の高い問題演習に変更できます。

チャレンジの実力アップ

子どもが退屈するようであれば、実力アップレッスンの量やレベルの変更を保護者のスマホから変更できます。
例えば、得意な科目は「もっと発展コース」ニガテな科目は「メインレッスン」と設定もできます。

他にも、

  • 6年間分の漢字・計算を学べるアプリ
  • 基礎~英検®準1級レベルまで目指せる「Challenge English」
  • 電子書籍約1,000冊から好きなだけ読める「まなびライブラリー」

と勉強ができるコンテンツが増えています。

2014年時点ではチャレンジタッチのサービス開始当初だったので悪い評判も目立っていましたが、現在では、満足のいくレベルになってきました。

悪い口コミ・評判のデメリット2:専用タブレットを使い続ける必要がある

チャレンジタッチの専用タブレットは進研ゼミをやる限り使い続ける必要があります。
小学講座も中学講座も同じタブレットを利用しており、大切に使わなければなりません。

特に気を付けなければならないのが、チャレンジタッチ の故障です。

チャレンジタッチ のタブレットは、入会より6ヶ月以上の受講で無料※となります。
※6ヶ月未満の退会で9,900円請求。

新しい学年になったら、専用タブレットも新しく…とはいきません!

専用タブレットは、事故破損の場合は定価19,800円での再購入となります。

大人なら大事に使うタブレットでも、子どもが管理すると、踏んでしまったり、飲み物をこぼしたり、落としてしまったり…と故障するリスクは常にあります。

長期間使う物だから一定のリスクがあることを理解しなければなりません。

このデメリットを解消する方法として「チャレンジパッドサポートサービス」があります。

 

年間費用1,860円〜で、万が一の専用タブレットの故障でも3,300円で交換してくれるサービスです。

定価19,800円の専用タブレットでも、サポートサービス加入で差額14,640円の節約となります。

長期間使う物なので、必ず「チャレンジパッドサポートサービス」には加入しておきましょう。

ココに注意

タブレット交換の際には復元できないコンテンツがあります。
子どもが頑張って貯めたご褒美アプリなどの「ダウンロードした付録」を引き継ぐことができません。この点は解消されていないので子どものモチベーションという点ではデメリットになります。

悪い口コミ・評判のデメリット3:ながら勉強できてしまう

チャレンジタッチ は専用タブレットがあれば勉強できてしまうので、ながら勉強できてしまいます。

例えば、ソファーで寝転びながら勉強したり、テレビを見ながら勉強も可能です。

学習内容はメールで届くので、データ上では勉強をしっかりしているように見えますが、高い集中力で勉強をしているかまでは把握できないです。

そのため、自宅内の勉強環境ばかりは、親が管理する必要があります。

  • 机に向かってチャレンジタッチをする
  • テレビを付けない

といったルール設定が必要です。

チャレンジタッチの専用タブレットはYouTubeやインターネットなどに外部のWebサイトを閲覧できない設計になっているので、タブレットでチャレンジタッチ以外はできないので勉強環境のみを設定すればOKです。

悪い口コミ・評判のデメリット4:遊びチャレンジタッチアプリに夢中になってしまう

保護者の声

チャレンジタッチ、毎日やるかと思いきや…すぐに終わって、やってる時間も半分くらい遊びアプリをやっている様子。どうなのかなー。

チャレンジタッチは1日10〜15分の短時間で完了します。

その後の遊びに集中してしまうという悪い口コミ・評判がありました。

チャレンジタッチ は勉強を終えるとご褒美アプリがダウンロードできミニゲームや徐々に完成されていくパズルなどができます。

チャレンジタッチ の勉強は短時間でゲームアプリを夢中になっている姿から心配になるという声があります。

チャレンジタッチ では、おごほうびをもらうまでが勉強に含まれています。

モチベーションを出すには外的動機付けと内的動機付けがあります。

外的動機付けは、ご褒美ですね。ごほうびアプリもそうですし、チャレンジの努力賞にあたります。

努力賞だと、すこし時間が必要でした、ごほうびアプリは勉強を終えてすぐ貰えます。

ソーシャルゲームだとログインするとアイテムがもらえるというような物です。

子どもも同じように学習習慣をつけるには、外的動機付けを利用することが大切です。そのうち勉強が楽しい、学校が楽しいから勉強したいという内的動機付けに変化していきます。

ごほうびアプリに対しては好意的な意見も存在します。

アプリばかりやっているという点ではデメリットになりますが、見方を変えればモチベーションになっていると見れます。

また、心配な声もある一方で肯定的な考え方をする保護者は多いです。

毎日メールで進捗届くし、放置で大丈夫ではないかな。
ゲームもあると言えばあるけど、長時間できるほどのクオリティでは無いですわ。

おー、どんどん花丸つくわー。と調子乗って勉強してる時は、
そのままやらせといたらいいと思います。
なんかムズイ。よくわからん。ってなる方が良くないです。
どんどん出来る。一人で出来る。なんだ勉強って簡単。面白いほど出来る。
これでいいんじゃないかな小学生は。
あの程度のゲーム付きにつられてやるなら御の字です。

学びライブラリーで、視力心配する必要も無いと思いますよ。
多少の視力が落ちようと、本から得るものは莫大でしょうし。

あとは、チャレンジイングリッシュ無料で使えるんですけど、
これもやってますか?(学年によるのかな)
是非やってみてー。簡単な所からでも。おすすめします。どんどん出来るし。毎日是非。

時間制限なんて全然してません。ゲームも含めて勉強ですよ。お母様!

参考チャレンジタッチ、時間制限がないなんて

追加費用なしでゲーム感覚で勉強できる「英語」「漢字」「計算」があります。ぜひ、子どもにうまくやらせるように仕向けていきましょう。

ポイント

同じ教科書準拠タイプの学習専用タブレットを利用しているスマイルゼミでは、学習と遊びをきっちり分けています。よく比較されるので検討されている方は以下の記事で違いをご確認ください。

関連記事:スマイルゼミ チャレンジタッチ

悪い口コミ・評判のデメリット5:文字の判定が厳しすぎる

お手本通りに書くのが正解なのでしょうが見た感じ正解なのに「ざんねんっ!!ここの形がちがうよ〜」と言われます。私が挑戦しても、ざんねんっになったことも。ちょっと厳しすぎるように感じますね。

チャレンジタッチ の文字判定は口コミにあるように厳しいです。

大人が漢検チャレンジを挑戦すると書き順、はね、とめが違っただけで不正解になります。

当然、子どもが挑戦するとなかなか正解にならずイライラすることもあります。

この悪い評判は、保護者サポートの質問でもよくあげられるものなので進研ゼミ小学講座のよくある質問にてチャレンジタッチ の漢字性能について以下のように解説していました。

【チャレンジタッチ】 <チャレンジタッチ>の学習で、漢字に誤りがあると言われるのですが、どこが間違えているかわかりません。正誤判定のしくみを教えてください。
<チャレンジタッチ>の漢字指導は、お子さま一人でも、 正しい書き順・形で書けることをめざし、複数の採点基準をもっています。

1.初めて漢字を習うとき(国語レッスンの「今月の漢字」)
書き順とハネなどの形を正しく書けているかをチェックしています。

2.初めて習うとき以外
言葉の中での「使い方」が身についているかのチェックを優先しています。
例えば、「(あか)るい」 の 「あか」が 「赤い」の「赤」なのか「明るい」の「明」なのかが、わかっていればよいと考え、書き順や字の形については判定していません。

これは、学校の先生が、漢字を覚えるときは厳しくトメハネを指摘しますが、字の使い方を学ぶときは細かく指摘はしないという、「子どもに覚えてほしいポイント」に応じて指導の厳しさを使い分けることで学習効果を高めるという工夫をデジタルの自動判定でめざしているものです。

初めて習う漢字は書き順、ハネなどを厳しくチェック。初めて習う漢字は使い方が正しいかを優先的にチェックしています。
厳しすぎるという点はありますが、親が教えるとケンカになりやすいのが漢字の書き順です。

ただ、間違えた箇所はアニメーションで解説してくれるので、厳しいだけじゃなく指導もしてくれます。
厳しさはチャレンジタッチのデメリットとなりますが、メリットに感じる方もいるので、どの程度求めるかによる部分です。

悪い口コミ・評判のデメリット6:目に悪いのでは?と不安

チャレンジタッチ はタブレット画面での勉強なので目に悪いのでは?と不安に感じる悪い口コミ・評判もよく上がります。

チャレンジタッチでは、ナビゲーションキャラが登場して休憩を提案しますが、強制力はありません。親が制限時間を決められないので、ルール作りが必要となります。

専用タブレットには、ブルーライトカット機能が搭載されているの目の負担への配慮はされています。

目への負担に関しては、設定がないので親の関与が必要になります。

チャレンジタッチ 料金と支払い方法

チャレンジタッチは標準と挑戦の2コースがありますが、受講費は一緒です。

支払い方法 12ヶ月一括払い 6ヶ月一括払い 毎月払い
新1年生
(現在年長さん)
月々:2,980円
合計:35,760円
月々:3,300円
合計::19,800円
3,680円
小学1年生 月々:2,980円
合計:35,760円
月々:3,300円
合計::19,800円
3,680円
小学2年生 月々:2,980円
合計:35,760円
月々:3,300円
合計::19,800円
3,680円
小学3年生 月々:3,740円
合計:44,880円
月々:4,200円
合計::25,200円
4,490円
小学4年生 月々:4,430円
合計:53,160円
月々:4,780円
合計::28,680円
4,980円
小学5年生 月々:5,320円
合計:63,840円
月々:5,750円
合計::34,500円
5,980円
小学6年生 月々:5,730円
合計:68,760円
月々:6,190円
合計::37,140円
6,980円

表示価格は税込(消費税10%)です。

入会金・再入会金は0円です。

一括支払いでも途中退会可能で残金は返却されます。

関連ページ:チャレンジタッチ 料金

チャレンジタッチ 解約方法

チャレンジタッチ の解約方法を解説します。

チャレンジタッチ の解約は電話で対応しています。

電話番号:0120-55-4103(042-679-8561)
受付時間:9時〜21時

会員番号を手元に用意して、電話で解約を伝えれば良いです。

締切日は、退会したい月号の前月5日までです。締め切り日を過ぎた場合はその次の月に退会となります。

退会はスムーズで引き留めもありません。ご安心くださいね。

関連ページ:チャレンジタッチ 解約

© 2021 タブレット学習小学生ランキング|教材比較のおすすめ通信教育は?